ニュース

13年にわたる研究の基礎データを論文発表

2021年04月06日

ジーエヌコーポレーションは、口腔粘膜細胞培養治療法の研究基礎データを The Tokai Journal of Experimental and Clinical Medicine に発表しました。

今回発表されたデータは、2008年に開始された口腔粘膜細胞培養による「角膜上皮治療」の研究に端を発し、さまざまな研究を経て、2018年に「男性の尿道狭窄症治療」への応用が発表された再生医療治療法に関するもので、現在、日本での泌尿器科専門医の協力のもと、この治療の臨床応用への研究が進められています。

論文には、2008年から前臨床研究までの13年間の研究基礎データが掲載されています。

The Tokai Journal of Experimental and Clinical Medicine の論文はこちらからご覧ください。