Language: 

新型コロナウィルスについての論文を発表

2020年04月27日

弊社共同研究施設である江戸川病院(東京都江戸川区)が新型コロナウィルスに関する論文を発表しました。

江戸川病院とEdogawa Evolutionary Lab of Science(EELS)の国際研究者チームは、査読誌のArchives of Academic Emergency Medicine(http://journals.sbmu.ac.ir/aaem/index.php/AAEM/article/view/683)に論文を発表し、脳炎ワクチンのコロナウィルスに対する交叉防御能についての見解を示しました。

脳炎ワクチンによる交叉防御能が一部地域における低いCOVID-19死亡率の要因であると論じています。

詳細はビジネスワイヤの記事をご覧ください


江戸川病院

その他のプレリリース

他の記事

ニチグルカン製品の開発の旅

研究開発担当のアブラハムがネイチャー・ブログでつづる14年間 2023年11月27日 「ニューリフィックス neu REFIX®」のデュシェンヌ型筋ジストロフィーへの有用性を発見するまで長い時間がかかりました。その紆余曲

続きを読む »