Language: 

BEES-HAUS 複合細胞療法による尿道狭窄治療

2020年07月04

有限会社ジーエヌコーポレーションと株式会社JBMは、複合細胞療法による尿道狭窄治療で特許を取得しました。

BEES-HAUSと呼ばれるこの手法は、従来の治療に比べて簡単な処置で治療が可能なため、医師と患者の双方において負担を少なくすることができます。

詳細はビジネスワイヤのプレスリリースをご覧ください

BEES-HAUS 複合細胞療法による尿道狭窄治療

その他のプレリリース

他の記事